macmac
私は、Mac使用3年半くらいですが、幸いにも今までウィルスに感染したことはありません。以前はWindowsを使用していましたが、ウィルス対策ソフトを入れていたにもかかわらずウィルス感染してしまったので、以降は小まめにアップデートしてつねに最新の対策ソフトを必ずつけていました。しかしMac使用になってからというもの、「Macはウイルスに感染しないからソフトを入れなくても大丈夫」という言葉を信じてソフトを入れませんでした。しかしMacはウイルスに感染しないわけではなくて、作られるウイルスが少ないから感染する確率が低いというだけであって、絶対に感染しないとは言い切れないということに最近になって気づきました。

今回、Mac OSのセキュリティ対策について調べたところ、Webからの脅威がすごい勢いで増加していることがわかりました。今のウィルスは目に見えるところで悪さをするのではなく、隠れたところでPC内の情報を盗み取ったり、他の人に不要なメールを送るなどして迷惑をかけたりします。またOSに関係なくインターネット使用者の金銭を狙うフィッシング詐欺などのインターネット犯罪もあります。さらに子ども達が有害サイトにアクセスしないように見張らなければいけません。

これを知ってしまった今、Macは安心だからとはいっていられません。まず自分のPCがウィルスに侵されていないかをウィルススキャンというツールを使って検索することが重要です。自分のPCをウィルスの感染から守ることは、他の人のPCを感染させてしまう可能性からも守るということですから、薬やマスクと同じように他の人への感染を予防することも必要ではないでしょうか?

トレンドマイクロのウィルスバスター2010 for Mac は1本の購入でWindows、Macの組み合わせでPC3台まで利用可能、更にキャッチフレーズには“サクサク軽快”とあり、好感が持てるものでした。“ウィルスバスター2010”の30日無料体験版をダウンロードできるとのこと。さっそくダウンロードすることにしました。

ダウンロードする前に確認することは、ウィルスバスター2010 for MacをインストールできるPC環境であるかということ。ウィルスバスター2010 for Macのシステム要件は次のとおりです。

対応OS:Mac OS Xバージョン10.4「Tiger」 (リリース10.4.11以上)
Mac OS Xバージョン10.5「Leopard」 (リリース10.5.5以上)

*Boot Campやエミュレータを使用したWindows環境には正式対応しておりません。
*いずれのOSも日本語版のみの対応です。

CPU:PowerPC (G4、G5)、またはIntelプロセッサ搭載
メモリ:256MB以上
ハードディスク:400MB以上のハードディスク空き領域
Mac 機能別対応ソフト:Safari 3.0, 4.0、Mozilla Firefox 3.0, 3.5のブラウザーで、フィッシング詐欺対策も、有害サイト規制の機能をお使いいただけます。
(私のPC環境-Mac OS:バージョン10.4.11 Tiger、プロセッサ(CPU):2GHz IntelCore Duo、メモリ:512MB 667MHz DDR2 SDRAM)

では、実際にインストールしてみようとおもいます。

001

ウィルスバスター2010 for Macで検索し、ホームページを開くと下の画面が表示されます。

をクリックすると,すぐダウンロードがはじまります。ダウンロードにかかる時間は15秒ほどでした。次のサイトで,インストールの手順1〜手順9が載っているので,それに従ってインストールしますが、手順1にいくまでに行うことを,下に書きましたので参考にしてください。

このようなウィンドウがダウンロードしている間、表示されます。

ダウンロードが完了すると、デスクトップに上のファイルが表示されるので、これをダブルクリックします。

002

この画面が表示されたら、右上の「ウイルスバスターforMacのインストール」をクリック!
その後,サイトの手順に従ってインストールしました。すごくシンプルにできました。あれ?って思ったのは,インストールしたあともコンピュータのスピード変わらなかったことです。本当だ,さくさく動く〜!と思いました。ウィルスバスター2010 for Macは、Windows版と比べて機能が少ないからでしょうか。だからといってセキュリティ対策に一番必要な機能はついているので、Macに初めてセキュリティソフトウェアをインストールする私には、ぴったりのようです。

インストールした後、パソコンのトップに位置するメニューバーがあります。その右側に黒い,カーブ斜線の入った円球のアイコンが表示されます。ウィルスバスター for Macを開く...をクリックします。

003

私は,真っ先にウィルススキャンをしようと思い,このページから検索開始ボタンをクリックすると,下の図1のような、”クイック検索”がはじまります。

でも,私はコンピュータ全体を検索してほしかったので,右側の縦に並んであるメニューアイテムのうち”検索”をクリック,下のウィンドウの3つ目のアイテム”コンピュータ全体の総合検索”の隣のラジオボタンを選択してをクリック。

004

するとコンピュータ全体の総合検索”がはじまります。安心しました。私のコンピュータにはウィルスは潜んでいませんでした。”Web対策”は,次の通りです。

005

”ログ(履歴)”では、ウイルスバスター for Macによって実行された保護処理を確認できます。また、不正プログラムを含んでいる可能性がある隔離されたファイルの一覧を参照できます。

006

また,ウィルスバスター for Macのメニューバーにあるメニューのアイテムは次の通りです。

その後,サイトの手順に従ってインストールしました。すごくシンプルにできました。あれ?って思ったのは,インストールしたあともコンピュータのスピード変わらなかったことです。本当だ,さくさく動く〜!と思いました。ウィルスバスター2010 for Macは、Windows版と比べて機能が少ないからでしょうか。だからといって一番セキュリティ対策をしたい機能はついているので、Macに初めてセキュリティソフトウェアをインストールする私には,ぴったりのようです。

分からない部分は、ヘルプのメニューで教えていただけるし,シンプルで操作が易しいです。Macユーザの方,ぜひウィルスバスター2010 for Macをインストールしてみてはいかがでしょうか。私はぜんぜん重さを感じませんでしたし、使い方が単純明快なので、Macセキュリティ初心者の私にはぴったりの商品です!まずはダウンロードして,ご自分のMacがウィルスに感染してないかを知るのもいいと思います。

bt_buy1 bt_trial1