in

マカフィーには体験版が用意されています。30日間限定となっていますが、機能や仕様は製品版とまったく変わりません。なので、マカフィーの性能が気になっている人や買い替えを検討している人は、まずこの体験版を試してから購入するかどうか決めてもよいのではないでしょうか?

今回、わたしも使っていた対策ソフトをアンインストールし、前から気になっていたマカフィーの体験版をインストールしてみることにしました。

マカフィー体験版、インストール感想レポ!

まずはマカフィー30日間無料体験版ページにアクセスしました。そこでメールアドレスを登録すると、数分後にそのアドレス宛にマカフィー・ストアからメールが届きました。メールに記載されている〔ダウンロードURL〕というURLをクリックすると、以下のページにジャンプします。

dl0
ここで、さきほど登録したメールアドレスと、メールに記載されていた〔パスワード〕を入力します。

dl02

無事アドレスとパスが認識され、アカウントページに飛びました。体験版の名前を確認して、〔ダウンロード〕ボタンを押します。
dl01

シリアル番号が表示されました。これはのちのち必要になるので、必ずメモしておきましょう。メモが済んだら、ふたたびダウンロードボタンを押します。

dl03

このようなダイアログが出るので、〔ファイルに保存〕を選択。

WS00007

無事にダウンロードが終わると、デスクトップにマカフィーのアイコンが表示されます。さて、いよいよインストール作業開始です。アイコンをダブルクリック!

WS00008

〔通常〕を選択し、〔次へ〕をクリックすると、マカフィーのインストールが開始されます。

WS00009

インストールが完了したら、〔完了〕ボタンを押しましょう。タスクバーの右側にマカフィーアイコンが表示されていたら、マカフィーは正常にインストールされています。

WS000011

インストール自体は、非常に簡単でした。ただ画面の指示に従ってボタンをクリックするだけなので、パソコン初心者の方々にも非常に親切でわかりやすい仕様になっています。インストール開始から完了まで、約26分ほどかかりました。処理速度はPCのスペックによって変動するでしょう。

早速スキャンしてみました!

インストールも完了したことだし、スキャンをしてみようとおもいます。タスクバーにあるマカフィーアイコンをクリックすると、このようなウィンドウが表示されました。

WS000013

〔スキャン〕をクリックすると、スキャンオプションとして三種類のスキャンタイプが選べます。

WS000014

とりあえず、ウイルスに感染する可能性の高い領域を優先して素早い検出をおこない〔簡易スキャン〕を選択しました。

WS000016

スキャンは、約6分ほどで完了しました。問題はみつからかったようです。
バックグラウンドでスキャン処理をしているので、スキャン中もアプリケーションを立ち上げてなにか作業をしたり、ネットを観覧することも可能です。動きが遅くなったり、フリーズしたりということもありませんでした。予想以上に快適な動きを見せてくれて満足です。気になった方はぜひダウンロードして、使い心地を試してみてください!

30日無料体験してみる今すぐ製品版を購入!